倒産情報まとめ(2018年6月)

こんにちは。アラームボックスのデータ解析担当タカです。

2018年6月度の倒産情報のまとめです。個別の倒産事例を対象にした「倒産情報レビュー」もぜひご覧ください。

株式会社サニーTSUBAKI(スーパーマーケット運営、愛媛)の倒産情

西村崇氏によって1954年に創業された「株式会社サニーTSUBAKI」は、愛媛県松山市で三店舗のスーパーマーケットを運営していました。TVCMや高い還元率のスタンプカードなどで地元では有名な店舗でしたが、6月27日に資金繰りの悪化を理由に二店舗を閉店。直前に販売されたプレミアム商品券を倒産前に使おうと、古川店に客が殺到するなど混乱が生じましたが、翌日、民事再生の適用を申請しました。

旧 株式会社ジャパンゲートウェイ(化粧品製造販売、東京)の倒産情

岡昭宏氏によって2006年に設立された「株式会社室町販売委託(旧 ジャパンゲートウェイ)」は、シャンプーやボディケア製品を製造、販売していました。「ノンシリコンシャンプー」を謳った「Reveur」などが好評を博し、最盛期の売上は約217億円に達しました。しかし、ドラッグストアとの取引による回収長期化や競合商品の増加、2014年に発覚した約3億円の所得隠しによる信用低下などで業績が悪化。2017年には他社へ事業を譲渡し社名を変更。2018年6月に破産手続開始となりました。

株式会社MTGOX(ビットコイン事業、東京)の倒産情

ジェド・マケーレブ氏によって2010年に設立された「株式会社MTGOX(マウントゴックス)」は、東京都渋谷区を拠点としビットコイン交換所を運営していました。マルク・カルプレス氏に事業を譲渡された後は、世界最大のビットコイン交換所として、ビットコイン取引量の70%を占めていました。しかし、2013年の払い戻しの遅延、2014年のビットコイン消失事件を受けて取引を停止し、民事再生法を適用していました。東京地裁は実態調査の必要性などから申請を棄却していましたが、2018年6月、これを認める決定を下しました。

日本海洋掘削株式会社(掘削工事、東京)の倒産情

東京都虎ノ門において1968年に設立された「日本海洋掘削株式会社」は、石油・天然ガスの探鉱開発や掘削工事を事業としていました。2009年には東証1部に株式上場し、2014年には約400億円の売上を上げていましたが、原油価格の下落に伴いリグ(移動式海洋掘削装置)の受注数が低下。製造したリグの支払いなども困難であることなどから、自力での再建を諦め、連結子会社の「Japan Drilling(Netherlands)B.V.」とともに会社更生法の適用を申請しました。

株式会ステップライフ(清掃、東京)の倒産情

2016年に設立された「株式会社ステップライフ(赤間健太社長・菅澤聡前社長)」は、東京都中央区に本社を置き、シェアハウスの清掃作業における人材派遣を手がけていました。しかし、関連会社の「スマートデイズ」が2018年5月に破産開始決定を受けたため、同社も事業の継続が困難となり、破産開始決定を受けました。

株式会社サンメンテナンス(ビルメンテナンス、大阪)の倒産情

深田宏氏によって1975年に設立された「株式会社サンメンテナンス」は、ビルの清掃や設備管理サービスを提供していました。大阪を拠点に全国に拠点を置き、官公庁や民間施設に対して質の高い施設管理を提供しましたが、急速な業容拡大などから資金繰りは厳しく、粉飾決算が発覚したことなどから信用が低下。大阪府中小企業再生支援協議会のもと再建を目指していましたが、この度、民事再生法の適用申請となりました。

株式会社ジーンズショップオサダ(アパレル、静岡)の倒産情

長田輝忠氏によって1962年に設立された「株式会社ジーンズショップオサダ」は、静岡県内でジーンズ専門店を運営していました。デニムファッションのブームとともに店舗数を増やし、2007年には約47億円の売上を計上していましたが、ファストファッションの拡大やジーンズの不振によって赤字に転落。資金繰りの目途もたたないことから民事再生法の適用申請となりました。

旧 株式会社味匠(飲食、香川)の倒産情

1988年に設立された「株式会社SK産業(旧 株式会社味匠)」は、香川県・愛媛県で飲食店フランチャイズ、ホテル、アミューズメント施設の運営をしていました。仕出し弁当の製造会社としてスタートした同社ですが、「プレイパークゴールドタワー(ユニ・チャーム運営)」や「善通寺グランドホテル(旧・加ト吉運営)」などを譲り受け、また「カルビ屋大福」のFC展開を試みるなど、経営を多角化させていきました。しかし集客は振るわず、銀行などの支援を受けて再建を目指していましたが、会社分割方式での存続のため「株式会社さぬき」へ事業を譲渡し、商号を「株式会社SK産業」に変更し、債務整理を進めることとなりました。

株式会社エムエルエー(建築工事、奈良)の倒産情

1991年に設立された「株式会社エムエルエー」は、奈良県を拠点に「株式会社レオパレス21」の一次下請けとして建築工事を手がけていました。しかし、受注の低下に伴い完工高は減少。他社からの受注も模索していましたが業績は改善せず、破産の申請となりました。

倒産の前兆を知らせる「アラームボックス」について

アラームボックス」は、取引先を登録しておくだけで、取引先の重要なリスクや状況変化をお知らせする企業調査サービスです。アラームボックスに企業の調査をお願いしたい方は、下記リンクよりアラームボックスをご活用ください

190円で取引先の動向を常にチェック

販売先や仕入先の定期的な情報収集から、潜在顧客や新規案件の調査まで、管理部門から営業担当者まで、知識に関わらず利用できます。今なら「無料」で試せます。