経営者・経理担当者 必見
与信管理の基礎知識

経営に与信管理の基礎知識をプラス。
与信管理、企業調査、債権回収のお悩みを解決します。

与信管理のルール作り

与信管理を始めるには、まず土台となる社内ルール作りが必要です。基本知識と格付や限度額などの社内ルール作りについて確認しましょう。

与信管理とは?

「与信管理」をすることによって、商取引で発生する「貸倒れリスク」を最小限にできます。

社内格付の作り方

取引先の評価を会社全体で運用するのは難しい業務ですが、社内格付を作成することで判断をしやすくすることができます。

与信限度額の付け方

売掛金の発生する企業間取引において、貸倒れリスクを抑えるために、企業ごとに与信取引の上限金額を設けます。

新規取引先の与信管理

新しく取引を始める企業は果たして信頼できる企業でしょうか?取引を始める際には、客観的に企業を評価することが重要です。 そのためには取引先のことをよく調べなくてはいけません。決算などに基づいた定量情報と評判などからなる定性情報の二つの側面から取引先を調査し、取引の可否や取引額を決めます。

新規取引先の判断について

与信取引の開始時には、新規取引先の信用調査(会社情報の調査)と、集められた情報による取引の可否や与信限度額の決裁を行います。

企業調査とは

取引先の評価を会社全体で運用するのは難しい業務ですが、社内格付を作成することで判断をしやすくすることができます。

会社情報の入手先一覧

与信管理に欠かせない、企業調査に必要な会社情報の入手先一覧を紹介します。

反社チェックとは

反社会的勢力との取引を避けるための「反社チェック」は昨今では欠かせないものとなっています。

経営者の評判

会社にとって、経営者の判断は大きな影響力を持ちます。企業の調査をする際、経営者を調べることは判断に大いに役立ちます。

商業登記簿の調べ方

新規に企業と取引をする際やよく知らない企業と取引をする際は、その企業のことをよく調べる必要があります。企業の実態確認のために必要なのが商業登記簿です。

既存取引先の与信管理

取引が始まってから、取引先の与信を放っておいてはいないでしょうか?貸倒れを未然に防ぎ、与信取引を安全に行うためには取引先の管理が欠かせません。

既存取引先の管理について

新規取引先と無事に取引が開始したら、毎月の入金管理や定期的な取引先の与信チェックが始めなくてはなりません。

行政処分とは

もし取引先が行政処分を受けたらどうなる?気になる行政処分について解説します。

倒産とは

倒産とは、経営悪化などで会社の資金繰りが厳しくなり、事業が継続できなくなることです。会社が倒産すると債務の支払いはストップし、ルールに則って倒産手続がとられます。

貸倒れとは

売掛金や手形、貸付金などの債権が、取引先の倒産などによって回収できなくなってしまうことがあります。

取引先の未払いが発生したら

もしも取引先が支払期日を過ぎても代金を支払ってくれなかったら? 貸倒れを最小にするには素早い行動が必要です。

債務超過とは

企業が債務超過に陥るとどのようなことが起こるでしょうか?債務超過の原理と予測される今後について説明します。