福島県いわき市の「鹿島ショッピングセンター」元運営会社が破産申請

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

福島県いわき市でショッピングセンターを運営していた「株式会社鹿島ショッピングセンター」が自己破産を申請したことが明らかになりました。負債総額は約7億7000万円の見通しです。

株式会社鹿島ショッピングセンター 企業情報

企業情報を表示

法人名株式会社鹿島ショッピングセンター
種別自己破産申請
信用状況調査サービスに登録して確認する
代表者松本 剛
商品名鹿島ショッピングセンター エブリア
所在地福島県いわき市鹿島町米田字日渡5番地
法人番号9380001012650
業種総合小売業

株式会社鹿島ショッピングセンター 倒産までの流れ

株式会社鹿島ショッピングセンターは1994年設立。同社は1995年から大型ショッピングセンター「鹿島ショッピングセンター エブリア」を運営しており、スーパースポーツゼビオやヨークベニマルなどの様々なテナントから構成されていました。過去にはテナント数が70店を超えるなど地域住民から親しまれていました。

しかし、近年は大手の地域参入により業績が悪化。厳しい経営状況を強いられる中、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり資金繰りが限界に達したため今回の措置となりました。

なお今後は同施設の不動産を保有している「平南HD」が引き継ぎ、「いわきエブリア」として通常通り営業していくことを明らかにしています。

株式会社鹿島ショッピングセンターのネット上の評判・与信に関する情報