金属部品加工のモリタ興産が破産

 

画像はイメージです。

東京都日野市の金属部品加工業の「株式会社モリタ興産」が破産手続開始決定を受けたことが明らかになりました。

官報によると、東京都日野市に本拠を置く金属部品加工の「株式会社モリタ興産」は、2月3日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同社のホームページによると、1963年に神奈川県川崎市で設立の同社は、 OA機器・航空宇宙機器・通信機器・医療機器などの部品加工を主力に事業を展開し、1988年には山形県新庄市に工場を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷や取引先の海外生産移管で受注が減少すると、資金繰りの行き詰まりから事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約11億円の見通しです。

株式会社モリタ興産 概要

概要を表示

法人名 株式会社モリタ興産
種別 破産手続開始決定
信用度 詳しくはこちら
代表者 森田 茂範
所在地 東京都日野市大坂上3-13-8
法人番号 3013401000762
業種 業務用機械器具製造業
資本金 4,960万円
許認可 光源応用機械器具製造事業 東京通産局登録(東)第3888号

株式会社モリタ興産について

株式会社モリタ興産は1963年設立。OA機器や通信機器、航空機器などの部品製造を主力とし、神奈川県川崎市で創業したのち、本社を東京都日野市へ移転、山形で自社工場を設けるなど事業を拡大していました。

負債総額は約11億円の見通しです。

株式会社モリタ興産のネット上の評判

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

ブログのメールマガジン登録

倒産速報や企業の出来事や与信管理のコラムを毎週まとめてお届けします。