【倒産速報】エステ機器の発火トラブルで訴訟 ヒロセ電子システム

医療機器メーカーの「ヒロセ電子システム株式会社」が破産申請を弁護士に一任したことを明らかにしました。

ヒロセ電子システム株式会社 概要

法人名 ヒロセ電子システム株式会社
代表者 秋山清
所在地 東京都渋谷区恵比寿南1丁目9番6号
法人番号 9011001019771
業種 医療機器メーカー
資本金 5,000万円
倒産日 2019年9月2日
倒産種別 破産申請

ヒロセ電子システム株式会社について

ヒロセ電子システム株式会社は1968年に設立。創業50年を超える老舗の医療機器メーカーとして名を馳せており、同社の赤外線治療器「RED SUN」は2018年7月に公開された映画「劇場版コード・ブルー」に使用されたことで、大きな話題を呼びました。

しかし、同社が製造した美顔器がメナードが運営するエステで発火し、設計上に問題があったとして2017年5月に損害賠償を求める訴訟が起こされるなど信用が急落。また、業績の悪化に伴い資金繰りも逼迫し、金融機関にリスケを要請するなど自力での再建を試みていましたが断念し、今回破産手続き申請を開始したことを明らかにしました。

「ヒロセ電子システム株式会社」のネット上の評判

ネット上では今回の倒産を受けて、様々な声が上がっています。

2017年には、メナード訴訟に関するニュースが報じられました。

一部の掲示板では、元従業員と思われる書き込みがいくつか投稿されていました。

基本給が低すぎるため無駄に残業して、残業代をつける
基本給が上がらないことに挫折して多くの人が会社を辞める

なお、負債総額は約62億2400万円とのことです。

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査まで、管理部門でも営業担当者でも知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

タグ一覧