【倒産速報】ノンシリコンシャンプー「Reveur」のジャパンゲートウェイ 破産

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

ノンシリコンシャンプー「Reveur(レヴール)」を製造販売していた「株式会社室町販売委託(旧 ジャパンゲートウェイ)」が破産手続開始決定を受けたことが明らかになりました。

株式会社ジャパンゲートウェイ 概要

会社名 株式会社室町販売委託(旧 ジャパンゲートウェイ)
代表者 岡昭宏
所在地 東京都中央区日本橋室町4-1-21
法人番号 7010401078215
業種 化粧品の企画・製造・販売・卸
資本金 1,000万円
倒産日 2018年6月14日
倒産種別 破産

株式会社ジャパンゲートウェイについて

岡昭宏氏によって2006年に設立された「株式会社室町販売委託(旧 ジャパンゲートウェイ)」は、シャンプーやボディケア製品を製造、販売していました。「ノンシリコンシャンプー」を謳った「Reveur」などが好評を博し、最盛期の売上は約217億円に達しました。

しかし、ドラッグストアとの取引による回収長期化や競合商品の増加、2014年に発覚した約3億円の所得隠しによる信用低下などで業績が悪化。2017年には他社へ事業を譲渡し社名を変更。2018年6月に破産手続開始となりました。

負債総額は約30億円です

株式会社ジャパンゲートウェイの評判

株式会社ジャパンゲートウェイについて、ネット上では様々な声が寄せられています。

 

気になる会社をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験