more communicationが破産開始決定 連鎖倒産

 

画像はイメージです。

リスティング広告の運用代行を行っている「株式会社more communication」は事業を停止し、破産開始決定を受けたことが明らかになりました。

株式会社more communication 概要

概要を表示

法人名 株式会社more communication
信用度 詳しくはこちら
代表者 天本弘毅
所在地 東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目1番1号
法人番号 5011001043750
業種 学術研究,専門・技術サービス業>広告業
資本金 9900万円

株式会社more communicationについて

株式会社more communicationは2004年に設立。同社は携帯電話向けの広告メディア事業や、リスティング広告の運用代行のWEBマーケティング事業を手掛けていました。近年は自社で開発したアドネットワークシステム「arata」を用いて、コンテンツごとに関心度の高い消費者に絞って、SNSなどに広告掲載をしていました。

しかし、取引していた株式会社マルコスが今年8月に事業を停止したことにより、同社に対し約2億円の焦げ付きが発生。急激に資金繰りが逼迫したことから、事業継続が困難となり、今回の措置に至ったことが明らかになりました。

株式会社more communicationのネット上の評判

株式会社more communicationの倒産を受けてネット上では様々な声があがっています。

なお、負債総額は約10億円の見通しとのことです。

関連記事

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

ブログのメールマガジン登録

倒産速報や企業の出来事や与信管理のコラムを毎週まとめてお届けします。