シーンズ 民再申請 コンタクトレンズ販売

 

画像はイメージです。

コンタクトレンズ販売の「株式会社シーンズ」が民事再生法の適用申請をしたことが明らかになりました。

株式会社シーンズ 概要

概要を表示

法人名 株式会社シーンズ
信用度 詳しくはこちら
代表者 杉田真浩
所在地 東京都港区芝2-28-8 芝2丁目ビル9F
法人番号 1011001059825
業種 無店舗小売業, 時計・眼鏡・光学機械小売業
資本金 1億4,000万円
関連会社・子会社 タミーズ 株式会社
許認可 高度管理医療機器等販売許可
高度管理医療機器製造販売業許可

株式会社シーンズについて

同社は2003年に「株式会社ネットランドジャパン」として創業。2018年に「株式会社シーンズ」商号変更されました。コンタクトレンズの販売・OEMをメイン事業として運営しており、通販サイト「カラパラ007」「カラコン007」「World Street」の運営、カラーコンタクトレンズの「Dope Wink」「Acorde」「PERSONAL」「Heal me」化粧品の「Dialo」「&sea」「琉珀」「cocoegg」蓄電池「Power Go」などを製造または販売していました。

2018年~2019年9月 信用情報広がる

2018年~2019年9月頃、同社の名前で複数の噂が立ちました。同社は公式ホームページで下記の通り回答していました。

弊社は、昨今、あらぬ噂や風評により多大なる迷惑・被害を受けており、お取引様の皆様にもご心配をおかけしております。当然のことながら、弊社は、いわゆる反社会的勢力等との関係は一切ございませんし、当社自身も反社会的勢力では全くございません。(後略)

2019年11月 民事再生法の適用申請

2019年11月、同社は民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。負債は約45億円と見込まれています。

関連記事

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

ブログのメールマガジン登録

倒産速報や企業の出来事や与信管理のコラムを毎週まとめてお届けします。