【倒産速報】イタリア製自動車整備機器卸 エムエスジャパンサービス 破産

イタリアからの自動車整備機器・自動車部品・付属品の輸入販売や自動車修理、自動車整備士の育成、食品の卸などを手掛けていた「株式会社エムエスジャパンサービス」が事業停止、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

株式会社エムエスジャパンサービス 概要

法人名 株式会社エムエスジャパンサービス
代表者 マルコ・スタチオーリ
所在地 埼玉県川口市南鳩ヶ谷6-15-15
法人番号 1013201010113
業種 卸売業・自動車整備業
資本金 3,755万円
倒産日 2019年9月3日
倒産種別 自己破産

株式会社エムエスジャパンサービスについて

株式会社エムエスジャパンサービスは1993年設立。イタリア製の自動車部品や整備機器などのほか、チーズやワインなど食品を輸入、販売していました。そのほか、2012年に「MSJアカデミー」を開校し、自動車整備士の育成などを手掛けていました。
中でもイタリア「SPANESI」社製のジグ式フレーム修正機など、国内にはない優秀な製品を輸入販売しており、全国の自動車修理工場に製品を納品していました。

しかし、事業拡大に資金繰りが追い付かず、事業継続が厳しくなったことから破産手続きとなりました。

株式会社エムエスジャパンサービスのネット上の評判

株式会社エムエスジャパンサービスの倒産を受けてネット上では様々な声があがっています。

なお、負債総額は約16億円の見通しとのことです。

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査まで、管理部門でも営業担当者でも知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

タグ一覧