Pepper警備ロボ開発のユニボット(株)が破産

画像はイメージです。

ヒト型ロボット「Pepper」に警備機能をつけた「ユニボットbyペッパー」開発の「ユニボット株式会社」が破産開始決定を受けたことが明らかになりました。

ユニボット株式会社 概要

概要を表示

法人名 ユニボット株式会社
信用度 詳しくはこちら
代表者 大槻 正
商品名 ユニボットbyペッパー
所在地 東京都品川区南大井6-16-4
法人番号 8010401135840
業種 情報通信業 > 情報サービス業 > ソフトウェア業 > 組込みソフトウェア業
資本金 8800万円
取引金融機関 みずほ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
関連会社 ユニティガードシステム株式会社

ユニボット株式会社について

ユニボット株式会社はユニティガードシステム株式会社の新設分割により2017年に設立されました。ソニーの犬型ロボットAIBOの開発者らによって設立され、人型ロボットの「Pepper」を警備用にした「ユニボットbyペッパー」を開発。商業施設や介護施設で利用され注目されていました。しかし、先行投資が大きく、2019年3月期からは債務超過に陥っていており、2020年2月21日、事業継続を断念し、東京地裁から破産開始決定を受けました。

負債総額は約7000万円の見通しです。

ユニボット株式会社のネット上の評判

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験