カタログギフトの北日本物産が破産 購入済みのギフトはどうなる?

画像はイメージです。

新潟県燕市でカタログギフト事業を手掛けていた「北日本物産株式会社」が破産手続開始決定を受けたことが明らかになりました。

北日本物産株式会社 概要

概要を表示

法人名 北日本物産株式会社
種別 破産手続開始決定
信用度 詳しくはこちら
代表者 金子繁雄
商品名 ザ・チョイス
エターナル
エターナルフレンズ
ドリーム
所在地 新潟県燕市物流センター2-30
法人番号 6110001015625
業種 無店舗小売業
資本金 8862万円
取引先 株式会社全通

北日本物産株式会社について

北日本物産株式会社は1972年創業。1948年に法人改組されました。カタログギフトを主力事業とし、金額で選べるカタログの「ザ・チョイス」や仏事向けカタログの「ドリーム」などを販売していました。

しかし近年は、冠婚葬祭の簡素化などからフォーマルギフトの需要は落ち込んでおり、ギフティ、LINEギフト、cotooのようなスマートフォンだけで気軽に贈れるソーシャルギフトなど新しいサービスが台頭しています。

2018年には業界大手で主力取引先だった「株式会社全通」が倒産。北日本物産に9000万円の不良債権が発生しました。

事業の再建を目指し、地元メーカーである「株式会社アオヤギコーポレーション」とスポンサー契約を締結して事業の譲渡を進めていましたが、事業譲渡の準備中に契約が解除されたことから再建を諦め、今回の措置となりました。

負債総額は約18億3000万円の見通しです。

購入済みのカタログギフトはどうなる?

同社で購入し、まだ交換していないカタログギフトをお持ちの方は不安があるかもしれません。

新日本物産のカタログギフトが「資金決済法」における「前払式支払手段」が適用されていれば、補償の対象になります。補償対象になっているかは国民生活センターなどへ相談してみましょう。

一般社団法人日本資金決済業協会

資金決済法にいう「6ヶ月」とは?前払式支払手段の有効期限を解説!

前払式支払手段ご利用者のみなさまへ

国民生活センター

北日本物産株式会社のネット上の評判

関連記事

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験