新潟で染色加工を手掛ける「見附染工(株)」が破産

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

新潟県見附市で染色整理加工を手掛ける「見附染工株式会社」が、事業を停止し自己破産を申請したことが明らかになりました。負債総額は約16憶円の見通しです。

見附染工株式会社 企業情報

企業情報を表示

法人名見附染工株式会社
種別自己破産申請
信用度 調査サービスに登録して確認する
代表者本間 正二
所在地新潟県見附市月見台1丁目3番1号
法人番号6110001025095
業種繊維工業
資本金3000万円
取引先帝人フロンティア株式会社
三菱レイヨンテキスタイル株式会社
東洋紡績株式会社
丸紅株式会社 など

見附染工株式会社 倒産までの流れ

見附染工株式会社は1980年設立。同社は主にポリエステル織編物、ポリエステル天然複合織編物などの染色整理加工を手掛けていました。UVカット加工やPET防災加工、光触媒加工など様々な加工技術を持ち、その高い技術力から大手繊維商社を主な顧客基盤としていました。

しかし、輸入製品の増加と業界の海外生産への移行により同社の業績は悪化。債務超過に陥るなど厳しい状況の中、中越地震で工場が被災し設備投資のために金融機関からの借入金も増加していました。さらに資材価格の高騰も重なり赤字経営になっていたことから、金融機関への借入金返済のめどが立たず、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置となりました。

見附染工株式会社のネット上の評判・与信に関する情報