7pay(セブンペイ)不正利用相次ぎ9月末で廃止 株式会社セブン・ペイ

株式会社セブン・ペイの概要

会社名 株式会社セブン・ペイ
代表者 小林 強
所在地 東京都千代田区二番町4番地5
法人番号 3010001192675
業種 スマホ決済サービス
資本金 50億円

株式会社セブン・ペイについて

株式会社セブン&アイ・ホールディングスの傘下の株式会社セブン・ペイが運営する「7pay」の一部アカウントに対する不正アクセス・利用が発生し、現在大きな話題を呼んでいます。

「7pay(セブンペイ)」は今年の7月1日から開始されたバーコード決済サービスであり、専用アプリからチャージをすることで利用できます。現在、セブングループで使用されている電子マネー「nanaco」よりもポイント還元率が高いことやスマートフォン一つで決済ができる便利な点から、開始前から注目を浴びていました。

そのため、サービスが開始すると同時に多くの人が利用していましたが、同年7月2日より「身に覚えのない取引があった」「勝手にチャージして使われた」といった不正利用が相次ぎ、被害者が続出しました。

「株式会社セブン・ペイ」の評判

7月3日にはSNS上に、実際にセブン・ペイを利用し、推定約6万円の不正チャージが行われた人による口コミが投稿されました。

この事態を踏まえて同社は7月4日に記者会見を開きましたが、その時点では「原因については不明」とのコメントを発表しました。

一部では、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが、2015年にオープンしたグループの総合通販サイト「オムニ7」が関係しているのではないかと推測されています。

「オムニ7」の使用開始時にユーザーに対して「7iD(メールアドレス)」とパスワードを設定するよう求めますが、そのパスワード変更時のシステムに脆弱な点があった可能性があります。

7iDはセブングループ内で共通に利用できるIDとなっているため、7payでも同じIDを使用することができます。そのため、今回のような事態を招いてしまったのではないかとの見解を示している専門家もいました。

なお、セブン&アイ・ホールディングスが8月1日に開いた記者会見では、2019年9月30日をもって「7pay」の利用を廃止し、被害にあわれた方へは被害総額を全額保障すると発表しました。

被害総額は約3861万円、被害者は約800人にのぼるとされています。(7月31日時点)

簡単な登録で気になる会社の動向を常にチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査まで、管理部門でも営業担当者でも知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験