電力自由化の勧誘で6カ月の業務停止命令 あくびコミュニケーションズ

画像はイメージです。

消費者庁が、一般家庭や店舗・事業者向けに「AKUBIでんき」と称する電力自由化に伴うサービスを提供していた「あくびコミュニケーションズ」に電話勧誘などの業務停止命令を出したことが明らかになりました。

あくびコミュニケーションズ株式会社 概要

会社名 あくびコミュニケーションズ株式会社
代表者 田名部弘介、遠山和久(消費者庁PDFより)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-19-2 スプラインビル6F
法人番号 3011001104397
業種 電気・ガス・熱供給・水道業 > 電気業 > 電気業
資本金 1,000万円

あくびコミュニケーションズ株式会社について

「あくびコミュニケーションズ株式会社」は一般家庭や事業社向けに「AKUBIでんき」と称する電力自由化に伴う電気のサービス(電気の小売供給役務)を電話勧誘販売していました。

しかし、2019年4月25日、特定商取引法の規定に基づき、消費者庁から「締結すれば、電気の使用量の多寡にかかわらず(中略)電気料金の総額が毎月5パーセント安くなるかのように告げていたことがあったが、(中略)電気料金が全く変わらないか、または当該電気料金のうち一定の基準を超えた電気使用量に係る部分のみしか安くならない」ことなどから、6カ月の業務停止命令が出されるに至りました。
※氏名等の明示義務違反及び役務の対価についての不実告知

あくびコミュニケーションズ株式会社の評判

あくびコミュニケーションズ株式会社について、ネット上では様々な投稿があります。

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験