半導体のパワーテックテクノロジー秋田が生産終了

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

半導体製造の「パワーテックテクノロジー秋田株式会社」が2020年10月末で生産を終了し廃業することが明らかになりました。

パワーテックテクノロジー秋田株式会社 概要

概要を表示

法人名 パワーテックテクノロジー秋田株式会社
種別 事業終了(予定)
信用度 詳しくはこちら
代表者 加賀谷 晋司
所在地 秋田県秋田市雄和石田字山田89‐2
法人番号 6410001003649
業種 半導体製造
資本金 4億9500万円
関連会社子会社 パワーテックテクノロジー

パワーテックテクノロジー秋田株式会社について

パワーテックテクノロジー秋田は、2006年7月21日にエルピーダメモリの出資で秋田エルピーダメモリとして設立され、日立グループのアキタ電子システムズとその生産子会社であったアキタセミコンダクタの後工程事業を2006年10月1日に譲り受けた

パワーテックテクノロジー秋田株式会社は2006年に秋田エルピーダメモリとして設立。日立グループのアキタ電子システムズ、アキタセミコンダクタの従業員と事業を譲り受けました。

2012年に親会社のエルピーダメモリが会社更生法の適用を申請すると経営破綻に陥ります。2013年のマイクロン·テクノロジによる買収、2017年のパワーテックテクノロジー(力成科技)による買収などを経て現在まで生産を継続していました。

しかし、2020年に新型コロナウイルスによる影響でスマートフォンの売上減などで需要が減少したことから、事業の継続を断念しました。

パワーテックテクノロジー秋田株式会社のネット上の評判

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験