東鳴子温泉の旅館「旅館紅せん」運営会社が破産

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

宮城県大崎市の温泉旅館経営会社「有限会社旅館紅せん」が破産手続きの開始決定を受けたことが明らかになりました。

有限会社旅館紅せん 概要

概要を表示

法人名 有限会社旅館紅せん
種別 破産手続開始決定
信用度 詳しくはこちら
商品名 旅館紅せん
所在地 宮城県大崎市鳴子温泉字久田83番地の4
法人番号 4370202003149
業種 宿泊業

有限会社旅館紅せんについて

有限会社旅館紅せんは1979年に設立。同社は、鳴子温泉郷で「旅館紅せん」を運営しており、自家源泉の露天風呂や地場産品、旬の食材を使った会席料理を提供していました。

しかし、他社との競争激化や2020年の新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、売り上げが落ち込み業績が悪化。

さらに、緊急事態宣言再発出による「Go Toトラベルキャンペーン」が中止になったことで、キャンセルが相次ぎ資金繰りが限界に達したため、今回の措置となりました。

負債総額は約3500万円の見通しです。

有限会社旅館紅せんのネット上の評判

気になる企業の評判をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

タグ一覧