廃棄バナナ活用の健康食品開発会社「スマートスターチ(株)」が破産

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

鳥取県八頭郡八頭町の健康食品開発会社「スマートスターチ株式会社」が破産手続きの開始決定を受けたことが明らかになりました。

スマートスターチ株式会社 概要

概要を表示

法人名 スマートスターチ株式会社
種別 破産手続開始決定
信用度 詳しくはこちら
代表者 工藤 泰正
所在地 鳥取県八頭郡八頭町見槻中154番地2
法人番号 7270001007770
業種 飲食料品小売業
取引先 株式会社タナカバナナ
取引金融機関 株式会社鳥取銀行
とっとりキャピタル株式会社
日本政策金融公庫

スマートスターチ株式会社について

スマートスターチ株式会社は2019年設立。同社は、難消化性でんぷん「レジスタントスターチ」を利用した健康食品の開発、製造、販売事業を主力に手掛けており、規格外の青バナナを輸入し、加工する独自の技術からメディアでも取り上げられるなど注目を集めていました。

しかし、開発などの先行投資が資金繰りを圧迫する中、売り上げが伸び悩み業績が悪化。その後も、経営再建の見通しが立たないことから今回の措置となりました。

負債総額は約5000万円以上に上る見通しです。

スマートスターチ株式会社のネット上の評判

気になる企業の評判をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験