茨城で建築を営む「ドラフトホーム(株)」が破産へ

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

茨城県ひたちなか市で建築工事を手掛ける「ドラフトホーム株式会社」が、事業を停止し自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。負債総額は約8億5000万円の見通しです。

ドラフトホーム株式会社 企業情報

企業情報を表示

法人名ドラフトホーム株式会社
種別自己破産申請準備
信用度 調査サービスに登録して確認する
代表者井口 一明
商品名クレバリーホーム
Beams
所在地茨城県ひたちなか市大字田彦988番地1
法人番号8050001026684
業種総合工事業
資本金2000万円
許認可建設業許可/茨城県知事許可(般-05)第38438号
宅地建物取引業者免許/茨城県知事(2)第7123号
二級建築士事務所登録/一般社団法人茨城県建築士事務所協会/ 第B5694号(0511)

ドラフトホーム株式会社 倒産までの流れ

ドラフトホーム株式会社は1982年設立。同社は住宅の販売・施工・アフターメンテナンスを手掛けるほか、住宅メーカーである「クレバリーホーム」のフランチャイズにも加盟していました。また埼玉県、茨城県に展示場を計4箇所有し、見学会やイベントの開催も行っていました。

しかし、新型コロナ感染症拡大の影響により客足が落ち込み売り上げが悪化。また資材価格の高騰により負債額が資産を上回るなど厳しい状況の中、同社が運営するクレバリーホーム2店舗を第3者に譲渡し事業継続を目指すも、資金繰りが限界に達し今回の措置となりました。

ドラフトホーム株式会社のネット上の評判・与信に関する情報