佐賀で乾物の卸売り「(有)内田商店」が破産へ

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

佐賀県佐賀市で海苔などの乾物の卸売りを手掛ける「有限会社内田商店」が破産手続の開始決定を受けたことが明らかになりました。負債総額は約1億3500万円の見通しです。

有限会社内田商店 企業情報

企業情報を表示

法人名有限会社内田商店
種別破産手続開始決定
信用度 調査サービスに登録して確認する
代表者内田道郎
商品名うち田屋
所在地佐賀県佐賀市北川副町大字光法1681番地11
法人番号4300002002167
業種飲食料品卸売業
資本金300万円

有限会社内田商店 倒産までの流れ

有限会社内田商店は1999年設立。同社は主に海苔などの乾物の卸売りを手掛ける専門商社です。「うち田屋」の名称で刻み海苔や味付け海苔の加工・販売を行うほか、全国の問屋に販路を展開するなど、事業の拡大にも積極的でした。

しかし、海苔をはじめとする乾物需要の低下により売り上げが減少。また新型コロナ感染症拡大の影響により海苔の小売り・卸売り事業ともに業績が悪化していく中、近年は海苔に不作により仕入れ価格が高騰し資金繰りも逼迫していました。こうした厳しい経営状況の中、先行きのめどが立たずこれ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置となりました。

有限会社内田商店のネット上の評判・与信に関する情報