【倒産速報】やきとりの有名店「ひびき庵」を経営 株式会社ひびきが民事再生

やきとりの有名店「ひびき庵」を経営する株式会社ひびきが民事再生法の適用を申請したことを明らかにしました。

株式会社ひびき 概要

法人名 株式会社ひびき
代表者 日疋好春
所在地 埼玉県川越市霞ケ関北2丁目3番地2
法人番号 9030001057689
業種 飲食業
資本金 準備金含めて5億3890万円(自社HPより)
倒産日 2019年8月20日
倒産種別 民事再生

「株式会社ひびき」について

株式会社ひびきは1990年に創業し、1992年に法人として設立。同社は川越市を中心とした埼玉県内や都内に店舗を展開し、焼き鳥を目玉とした料理を提供していました。

本店が所在する東松山ではみそだれやきとりが名物として知られており、同社はやきとりの有名店として名を馳せていました。中でもひびき庵のやきとりに使用される「秘伝みそだれ」は2008年から12年連続でモンドセレクション最高金賞を受賞するほか、メディアでも取り上げられるなど知名度も高く、多くの人から人気を博していました。

しかし、製造工場開設や出店数の増加などにより借入金が収益を圧迫。さらには、近年は焼き鳥イベントの開催や、会社の買収などを行っていたが予想以上に効果が出ず、悪化の一途を辿る一方でした。

店舗を閉鎖するなど合理化を進めていましたが2019年6月期には約13億円の赤字を計上し、債務超過へと転落。自力での再建を断念し、今回民事再生法の適用を申請したことを明らかにしました。

「株式会社ひびき」のネット上の評判

今回の倒産を受けて、ネット上では驚きの声や悲しむ声が上がっています。

一方で、以下のように従業員と思われる書き込みが投稿されていました。

職場は衛生面においてかなり不安があった
昇給もボーナスもないため、給料のたびに転職を考えている人がほとんどだった

なお、負債総額は約77億949万円とのことです。

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査まで、管理部門でも営業担当者でも知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

タグ一覧