阪和興業が子会社の債権取り立て不能のおそれ

画像はイメージです。

独立商社「阪和興業」が、子会社の債権に取り立て不能のおそれがあることを明らかにしました。

阪和興業の債権 貸倒れのおそれ

2019年6月5日、東証一部上場の独立商社「阪和興業」が、連結子会社の「HANWA SINGAPORE」が保有する債権について、イギリスの取引先に対し洋上で軽油の取引を行ったところ、期日までに入金されず、商品現物および取引の有無に関して確認ができない状態となっているため、取り立て不能もしくは取り立ての遅延のおそれがあると発表しました。

債権額は約22億円になる見込みで、その一部はすでに回収済みとしています。

また、取引先の社名については公表していません。

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験