クリーニングとサブウェイFC アールズ株式会社が破産手続開始決定

画像はイメージです。

宮城県で仙台市などでクリーニング店「シロパキ&ファンクリーニング」や飲食店の「サブウェイ」のフランチャイズ事業を運営していた「アールズ株式会社」が破産開始決定を受けたことが明らかになりました。

アールズ株式会社 概要

法人名 アールズ株式会社
代表者 山内伸夫
所在地 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-4-22
法人番号 3370001013795
業種 学生寮の運営(主に外国人留学生向け)
クリーニング事業
店舗物販事業
投資育成事業(M&A、財務改善支援、資金調達支援、事業承継支援、営業支援、etc…)
関係会社向け会計処理事務サービス
各種代理店業務
資本金 5000万円
取引銀行 東邦銀行、七十七銀行、岩手銀行、商工中金、日本政策投資銀行
運営店舗 シロパキ&ファンクリーニング各店
サブウェイ勾当台店
サブウェイオン大沢店
関連会社 湘南リテイル株式会社
株式会社サラド
アーバンキャステール株式会社
アールズエステート株式会社

アールズ株式会社について

アールズ株式会社はその前身となった「アル・グレイ・イースト有限会社」が2002年創業。ビジネスホテル向けのクリーニング事業を行い、東北経済産業局 ベンチャープラザ2002などにも出展していました。
その後、飲食のFCビジネスに参入。クリーニング事業では「シロパキ&ファンクリーニング」を展開するなど事業を拡大しました。2011年には東日本大震災で被災しましたが、2013年には日本サブウェイの東北エリア開発代理店資格を取得していました。

アールズ株式会社のネット上の評判

なお、負債総額は約40億円の見通しとのことです。

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験