【倒産】日本オーナーズクラブ ホテルグリーンプラザ浜名湖・富士

会員制のリゾートクラブを「ホテルグリーンプラザ」を運営していた「株式会社日本オーナーズクラブ」が民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

株式会社日本オーナーズクラブ 概要

概要を表示

法人名 株式会社日本オーナーズクラブ
信用度 詳しくはこちら
代表者 片桐仁志
所在地 東京都中央区日本橋堀留町1-8-12
法人番号 5011101043007
業種 宿泊業,飲食サービス業 > 宿泊業 > その他の宿泊業 > リゾートクラブ
資本金 1億円
関連会社・子会社 安達事業グループ
株式会社安達・グリーンワールド
株式会社東京商事
奥白馬高原開発株式会社
株式会社大和
株式会社エメラルドグリーンクラブ
公友不動産株式会社
倒産日 2019年11月7日
倒産種別 民事再生法の適用を申請
申請代理人 多比羅誠弁護士(ひいらぎ総合法律事務所)

株式会社日本オーナーズクラブについて

株式会社日本オーナーズクラブは安達事業グループの関連会社として、会員制リゾートクラブの販売、運営を行っていました。不動産区分所有権付き会員権を売買し、全国のオーナー向けヴィラを所有していましたが、2011年から日本オーナーズホテルと合併していました。

2014年エメラルドグリーンクラブが倒産

2014年には民事再生法の適用を申請し倒産した「エメラルドグリーンクラブ」から「ホテルグリーンプラザ浜名湖」の運営権を譲受。「ホテルグリーンプラザ富士」を含めた2施設を運営していました。
その後、ホテルグリーンプラザ浜名湖は2019年7月に大浴場をリニューアルして集客に努めていました。

一部施設が閉館、休止

オーナーズクラブの対象施設の強羅ヴィラ・熱海ヴィラ閉館が決定していました。
また、湯沢ヴィラ・白浜ヴィラは利用が停止中となっています。

日本オーナーズクラブ倒産

2019年11月に日本オーナーズクラブが民事再生法の適用を申請、倒産しました。運営していた「ホテルグリーンプラザ浜名湖」「ホテルグリーンプラザ富士」は運営を継続しているとのことです。

なお、負債総額は約145億4600万円の見通しとのことです。

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

ブログのメールマガジン登録

倒産速報や企業の出来事や与信管理のコラムを毎週まとめてお届けします。