ホテル「FELICE」運営の「(株)フェリーチェ」が破産

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

沖縄県那覇市のホテル運営会社「株式会社フェリーチェ」が破産手続きの開始決定を受けたことが明らかになりました。

株式会社フェリーチェ 概要

概要を表示

法人名株式会社フェリーチェ
種別破産開始決定
信用度詳しくはこちら
代表者谷角 大悟
商品名FELICE
RELIEF
所在地沖縄県那覇市おもろまち2‐6‐40
法人番号2360001016065
業種宿泊業
資本金800万円

株式会社フェリーチェについて

株式会社フェリーチェは2012年設立。同社は、沖縄県那覇市で客室総数130室の「ホテルストーク」をオープン。その後、事業を拡大し「FELICE」や「RELIEF」などのホテル名で店舗を展開。2016年1月に東南アジア最大規模のコングロマリット「セントラルグループ」関連企業の「Baby Kiko Sdn Bhn」と合弁事業契約を締結しました。

しかし、2020年に新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、利用客が激減し業績が悪化。一部事業を他社へ譲渡するなど経営再建を図りますが、回復の見通しも立たず資金繰りが限界に達したため今回の措置となりました。

負債総額は約36億7200万円の見通しです。

株式会社フェリーチェのネット上の評判

気になる企業の評判をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験