メルカリが137億円の最終赤字を計上

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

フリマアプリを運営している「株式会社メルカリ」は2019年6月期の決算短信で137億円の赤字を計上したことを発表しました。

株式会社メルカリ 概要

会社名 株式会社メルカリ
代表者 山田進太郎
所在地 東京都港区六本木6丁目10番1号
法人番号 6010701027558
業種 インターネット附随サービス>
アプリケーション・サービス・コンテンツ・プロバイダ
資本金 69,587百万円

株式会社メルカリについて

株式会社メルカリは2013年に設立。フリマアプリ「メルカリ」の企画から運営まで行い、2014年6月にはフリマアプリサービスの中で利用者数が4位と国内でも規模の大きいサービスを展開しています。

もとは20~30代の女性を中心に人気を集めていましたが、匿名や偽名を使ってスマートフォンだけで気軽に取引を行える点から、近年では様々な年代の利用者が増加しています。

今年2月にはスマホ決済サービス「メルペイ」を開始しましたが、メルペイをはじめとする新規事業の拡大に向け、人員強化による人件費の増加や広告費への投資などがかさみ、137億円の赤字を計上したことを明らかにしました。

株式会社メルカリの評判

株式会社メルカリについて、ネット上では様々な投稿があります。実際にメルカリを利用している人と思われる書き込みがいくつか投稿されています。

気になる企業の評判をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

タグ一覧