ススキノラフィラ(札幌松坂屋)閉館 札幌の商業施設 老朽化で

 

画像はイメージです。

北海道札幌市の商業施設「ススキノラフィラ」が2020年5月17日をもって閉館することが明らかになりました。跡地には新ビルの建設が予定されています。

ススキノラフィラ 概要

名称 ススキノラフィラ
正式名称 ススキノ十字街ビル
施設所有者 ススキノ十字街ビル
所在地 札幌市中央区南4条西4丁目1
最寄り駅 すすきの駅
すすきの停留場
開業日 2009年3月26日
閉業日 2020年5月17日
面積 27,102 m²
テナント数 120
変遷 1974年 札幌松坂屋
1979年 ヨークマツザカヤ
1994年 ロビンソン百貨店 札幌
2009年 ススキノラフィラ

ススキノラフィラについて

ススキノラフィラは札幌市中央区に位置する商業ビル。1974年に札幌松坂屋としてオープン。その後、ヨークマツザカヤ、ロビンソン百貨店札幌と変遷し現在はススキノラフィラとして運営されています。核テナントは地階のイトーヨーカドーすすきの店(食品)。他に婦人服やレストラン、屋上ビアガーデンや文教堂書店などが入居しています。

ススキノ十字街ビルの建て替え

既存のススキノ十字街ビルは現在の耐震基準を満たしておらず、取り壊しが決定しています。跡地利用についてはイトーヨーカ堂、竹中工務店、アインファーマシーズ、セイコーフレッシュフーズ、キタデン、ススキノ十字街ビルら6社が新ビル建設にあたって協議を進めており、ホテルを含む商業施設などの案も出ているとのことです。

札幌市の再開発

札幌のススキノについては、「ホテルリブマックス札幌すすきの」「ベッセルホテルカンパーナすすきの」「JALシティ札幌中島公園」のオープンや2020年の「ホテルウィングインターナショナル札幌すすきの」の開業予定など再開発の著しいエリアで、外国人観光客の増加を追い風に今後も開発が進んでいくことが見込まれています。

ススキノラフィラの評判

ススキノラフィラについて、ネット上では様々な投稿があります。

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

ブログのメールマガジン登録

倒産速報や企業の出来事や与信管理のコラムを毎週まとめてお届けします。