株式会社イトウ 民事再生法を申請する方針 資金ショート

 

画像はイメージです。

総合建設業の株式会社イトウが再度の資金ショートを起こし、今後民事再生法を申請する方針であることを明らかにしました。

株式会社イトウ 概要

概要を表示

法人名 株式会社イトウ
信用度 詳しくはこちら
代表者 小林繁則
所在地 長野県安曇野市穂高4486番地8
法人番号 9100001015061
業種 建設業>総合工事業
資本金 3000万円

株式会社イトウについて

株式会社イトウは1950年に伊藤組として創業。同社は官公庁発注の土木や建築工事を手掛けているほか、民間企業からの受注にも対応しており、1998年9月期には売上高31億1800万円を計上していました。

しかし、その後公共工事の減少により業容は縮小。介護付きマンション事業などにも積極的に参入していましたが、2009年5月期に死去した前代表者の役員退職金などにより大幅な赤字を計上。
さらに、ずさんな管理体制により、大口不良債権の発生や完成工事の計上ミスなどが相次いで発生。メインバンクの変動や幹部社員の退社なども重なって起こり、2016年1月に現代表が就任してからは経営の立て直しに努めていました。

しかし、2019年に入り、大口案件で約8000万円の不良債権が発生したことから、10月末期日の手形を決済できず悪化の一途を辿る一方だったため今回の事態となったことを明らかにしました。

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

ブログのメールマガジン登録

倒産速報や企業の出来事や与信管理のコラムを毎週まとめてお届けします。