(株)ダッドウェイ 景表法違反で措置命令

画像はイメージです。

育児用品の企画・輸入・販売の「株式会社ダッドウェイ」が消費者庁から景品表示法違反で措置命令を受けました。

株式会社ダッドウェイ 概要

概要を表示

会社名 株式会社ダッドウェイ
信用度 詳しくはこちら
代表者 白鳥公彦
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目15番地12
法人番号 2020001044579
業種 卸売業,小売業 > その他の卸売業 > 他に分類されない卸売業 > 娯楽用品・がん具卸売業
資本金 3,000万円
市場情報 非上場
主要株主 株式会社ダッドウェイホールディングス 100%
(2019年12月20日現在)
取引先 株式会社高島屋
株式会社三越伊勢丹ホールディングス
株式会社東急百貨店
株式会社阪急阪神百貨店
株式会社大丸松坂屋百貨店
株式会社近鉄百貨店
株式会社京急百貨店
株式会社リクルート ライフスタイル
株式会社主婦の友ダイレクト
株式会社そごう・西武
株式会社丸井
株式会社カタログハウス
株式会社ベネッセコーポレーション
株式会社くらし企画
株式会社日本トイザらス
株式会社赤ちゃん本舗
イオン株式会社
株式会社しまむら
株式会社ユナイテッドアローズ
株式会社ビームス
株式会社ワールド
株式会社ファッション須賀
旭産業株式会社
株式会社千趣会
シャディ株式会社
株式会社GMPインターナショナル
株式会社スタイリングライフ・ホールディングス
関連会社・子会社 株式会社ダッドウェイホールディングス

株式会社ダッドウェイについて

株式会社ダッドウェイは1992年設立。抱っこ紐や哺乳瓶などの育児用品やおもちゃの輸入、企画、販売を事業として運営しています。

2019年12月 消費者庁より景表法違反で措置命令

2019年12月20日、同社が取り扱っている抱っこ紐製品の「ADAPT」「OMNI360」「ORIGINAL」「360」について、
「人間工学専門家も認める快適性」「肩への負担が1/7(他社比)」「快適性を使用者にかかる圧力で比較すると、一般的な腰ベルト付き抱っこひもを100とした場合、エルゴベビーはわずかその14%程度、つまり負担がきわめて少ない、という実験結果が出ています。抱いた赤ちゃんが自然に中央に導かれる立体設計により、親子ともにバランスの良い抱っこ姿勢を保てることも、疲れにくい理由のひとつです。」
とした表記が合理的な根拠が認められなかったとして、景表法違反「優良誤認」に該当するとして措置命令をしました。

[消費者庁]優良誤認とは

株式会社ダッドウェイの評判

株式会社ダッドウェイについて、ネット上では様々な投稿があります。

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験