医療ベンチャーのエルピクセル 元取締役が30億円横領の疑いで逮捕

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

医療ベンチャーの「エルピクセル株式会社」の元取締役が約30億円を横領した疑いで逮捕されました。

エルピクセル株式会社 概要

概要を表示

会社名 エルピクセル株式会社
信用度 詳しくはこちら
商品名 EIRL(エイル)
IMACEL
LP-Series(エルピーシリーズ)
LPIXEL ImageJ Plugins
代表者 島原 佑基
所在地 東京都千代田区大手町 1-6-1 大手町ビル 6F
法人番号 2011001099036
業種 医療用機械器具製造業
資本金 2,775,010,330円(準備金 含む)
市場情報 非上場
許認可 医療機器製造業(登録番号 13BZ201223)
第二種医療機器製造販売業(許可番号 13B2X10317)
加入団体 日本画像医療システム工業会(JIRA)

エルピクセル株式会社について

エルピクセル株式会社は2014年設立。東京都千代田区に本社を置き、医療向けの画像診断システムを開発、販売しています。

2019年には脳MRI分野のAIプログラム医療機器が国内初の薬事承認を得るなど順調に開発を進めていました。

しかし、2020年6月9日に同社の元取締役が業務上横領の容疑で逮捕されました。元取締役は2017年から2019年まで会社の資金を個人の口座へ送金するなどし、33億円あまりを着服した疑いが持たれています。

同社の公式ホームページによりますと、元取締役は横領の発覚を避けるため預金通帳の写しを偽装するなどしていました。元取締役の着服したと思われる金は、FX取引に利用されたということです。

エルピクセル株式会社の評判

エルピクセル株式会社について、ネット上では様々な投稿があります。

当社元取締役の逮捕について

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験