千葉の和洋菓子老舗 川上製菓が破産

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

千葉県八街市で和洋菓子を製造している「株式会社川上製菓」が事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

株式会社川上製菓 概要

概要を表示

法人名 株式会社川上製菓
種別 弁護士一任
信用度 詳しくはこちら
代表者 川上 一明
商品名 ピーナツ煎餅福錦
巾着人形焼
ピーナツサブレ
落花大名など
所在地 千葉県八街市八街い214-3
法人番号 9040001047573
業種 菓子製造業
資本金 1000万円
取引金融機関 千葉銀行
京葉銀行

株式会社川上製菓について

株式会社川上製菓は、1934年創業。地産品の落花生を原料として千葉銘菓と知られる「ピーナツ煎餅福錦」や「ピーナツサブレ」、「落花大名」などの菓子を生産していました。百貨店や土産店などで販売されており、インターネット通販も手掛けていました。

しかし、近年は販売不振で売り上げが減少しており、瓦煎餅焼機増設や工場の増築等の過去の設備投資が資金繰りを圧迫し厳しい状況でした。

2020年に新型コロナウイルスの感染が拡大すると、売り上げがさらに激減し資金繰りが限界に達したため、事業を停止し今回の措置となりました。

株式会社川上製菓のネット上の評判

 

気になる会社をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験