庄内映画村(株)が事業停止 資料館は閉館

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

山形県鶴岡市の「庄内映画村」を運営していた「庄内映画村株式会社」が事業を停止し自己破産申請手続きの準備に入ったことが明らかになりました。

庄内映画村株式会社 概要

概要を表示

法人名 庄内映画村株式会社
種別 事業停止
信用度 詳しくはこちら
代表者 田中 雅明
商品名 庄内映画村資料館
所在地 山形県鶴岡市羽黒町松ケ岡字松ケ岡29
法人番号 7390001008253
業種 映像情報制作・配給業
資本金 6100万円

庄内映画村株式会社について

庄内映画村株式会社は2006年設立。映画撮影用のオープンセットの整備、運営を行っており、「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」や「ICHI」など数多くの映画を誘致していました。中でも、「おくりびと」は第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞するなど高い評価を得ており、2009年9月より「庄内映画村オープンセット」として撮影施設の一般公開も行っていました。

しかし、維持費等の負担は続く中、売り上げが減少していたため業績が悪化。2014年にはオープンセットの運営を「M&N CO株式会社」に譲渡し、「庄内映画村資料館」の運営のみを行っていましたが、資金繰りが限界に達したため2019年に資料館を閉館し、今回の措置となりました。

負債総額は約2億8000万円の見通しです。

庄内映画村株式会社のネット上の評判

 

 

気になる会社をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験