LCCのエアアジア・ジャパン(株)が破産

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

格安航空会社のエアアジア・ジャパン株式会社が破産を申請し保全管理命令を受けたことが明らかになりました。

エアアジア・ジャパン株式会社 概要

概要を表示

会社名 エアアジア・ジャパン株式会社
信用度 詳しくはこちら
代表者 会田 純
所在地 愛知県常滑市セントレア1丁目1番地
法人番号 6180001113372
業種 道路旅客運送業
資本金 20億円
市場情報 非上場
主要株主 エアアジア・インベストメント・リミテッド
楽天株式会社
株式会社ノエビアホールディングス
株式会社アルペン
(2017年10月29日時点)

エアアジア・ジャパン株式会社について

エアアジア・ジャパン株式会社は、2014年設立。2011年に、全日本空輸と、マレーシアの格安航空会社エアアジアが提携し、エアアジア・ジャパンを設立しましたが、2013年に提携解消して事業撤退していました。その後、現在のエアアジア・ジャパン株式会社が楽天など主要株主の出資によって設立されました。

中部国際空港を拠点として、2017年に中部と新千歳、2019年に中部と仙台、台北、2020年に中部と福岡を結ぶ4路線を所有しています。

しかし、2020年に新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、全便運休となり売り上げが激減。8月より一部国内線の運航を開始しましたが、以前ほど利用客が回復せず10月に再び全便運休していました。同社は、10月5日に事業を停止すると発表し、国土交通省に12月5日をもって全線廃止する届け出を行っていました。

負債総額は約217億円の見通しです。

*同社は、払い戻し未了のチケットに対する返金を行える見通しは立っていないと公表しています。

エアアジア・ジャパン株式会社のネット上の評判

気になる会社をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験