格安ホテル「OYO」 国内不動産賃貸事業から撤退

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

インド格安ホテル運営会社の日本法人「OYO Japan合同会社」は、 不動産賃貸を展開している「OYO LIFE」事業から撤退することが明らかになりました。

「OYO LIFE」事業開始時は、約8000室の物件を扱うなど事業拡大していましたが契約数が伸び悩み業績が悪化。その後、物件数を減らし事業縮小を行いますが採算性が低く、これ以上の事業継続は困難として今回の措置となりました。

なお、同社の別事業「OYO Hotels」事業のホテル運営は引き続き運営を行う模様です。

OYO Japan合同会社 概要

概要を表示

会社名 OYO Japan合同会社
信用度 詳しくはこちら
商品名 OYO Hotel
OYO Ryokan
OYO LIFE
代表者 山本 竜馬
所在地 東京都千代田区内幸町2丁目1番1号飯野ビルディング
法人番号 9010403020164
業種 不動産賃貸業・管理業
資本金 1億円
主要株主 OYO HOSPITALITY UK
ソフトバンク株式会社
SVF Ohio Japan (UK) Limited

OYO Japan合同会社について

OYO Japan合同会社は2020年に、「OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社」と「OYO Hotels Japan合同会社」を合併し設立。同社は、宿泊事業と不動産賃貸サービスをインドでのビジネスモデルを生かして展開しており、注目を集めていました。

OYO Japan合同会社の評判

OYO Japan合同会社について、ネット上では様々な投稿があります。

気になる企業の評判をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

タグ一覧