企業間取引の口座開設について解説

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

企業間取引に欠かせない取引用の口座開設には、通常の口座とは異なり信用リスクの把握が必要です。取引先の情報を入手するなら専門会社の【アラームボックス】におまかせください。お得な4つのプランをご用意しています。

新規取引先口座の開設まで~口座開設には対象先企業の信用力の調査が必須~

企業間取引を開始するにあたって開設する取引口座ですが、口座開設にはまず相手先の信用リスクを把握する必要があります。
卸売業や製造業など、商品やサービスの行き来がある企業間取引は、双方の取引口座上で行われています。
取引口座は一般的な銀行口座のことではありません。取引先企業が信用できるかを調査し、取引相手としてふさわしいと認められて初めて取引口座開設がされます。

取引先の審査のために登記簿謄本や決算書、取引先の過去の実績といった資料請求が行われます。これは大企業が中小企業・零細企業に対して行うだけでなく、中小・零細企業が大企業に対して資料請求をすることも求められます。

与信管理システムの構築~まず企業間取引で必要な情報を入手しよう~

企業間取引には取引先の情報収集が必要不可欠です。質の高い企業情報をお求めなら【アラームボックス】にお任せください。

【アラームボックス】は、企業向け与信管理システムの開発を行う企業です。緻密に構成された与信管理システムにより日本国内のあらゆる業種の企業の経営状況について、質の高い情報収集とその配信を行っています。
また、倒産速報や信用情報の変化などの情報を随時発信しているため、取引先企業の経営動向などを調査する際にご利用ください。

【アラームボックス】は情報提供を継続的かつタイムリーに提供していますので、経営に必要な情報収集のシステムの一つとして、導入された企業様にご好評をいただいています。

与信管理システムの運用~企業間取引の継続的な情報収集に欠かせない【アラームボックス】

【アラームボックス】では、3つのプランをご用意しています。
お電話などでのサポートが必要で、取引企業数社の情報配信をご希望の場合は、5社までの登録が可能な「ライトプラン」、20社~100社までのアラーム設定が可能な「ビジネスプラン」、100社以上アラーム設定が可能な「エンタープライズプラン」があります。

【アラームボックス】は、企業向け与信管理システムの開発を行う企業です。緻密に構成された与信管理システムにより日本国内のあらゆる業種の企業の経営状況について、質の高い情報収集とその配信を行っています。
また、倒産速報や信用情報の変化などの情報を随時発信しているため、取引先企業の経営動向などを調査する際にご利用ください。

【アラームボックス】は情報提供を継続的かつタイムリーに提供していますので、経営に必要な情報収集のシステムの一つとして、導入された企業様にご好評をいただいています。

気になる企業の評判をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験