信用調査会社とは?信用調査の方法やメリットを解説

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

掛取引が主流の企業間取引では、取引相手の金銭的信頼度を調べる信用調査が重要です。専門で信用調査を行う信用調査会社とは何か、利用のメリットや選び方などを伝えます。

掛取引が主流の企業間取引では、取引を開始する前に相手の信用状況を見極めることが大切です。
ここでは、大きく4つに分けられる信用調査の方法をはじめ、信用調査専門の第三者機関である信用調査会社(与信調査会社)を利用するメリットや、信用調査会社の選び方などについて解説します。

信用調査とは?

金額が大きい企業間の取引では、納品後に代金を受け取る「掛取引」が主流です。
掛取引の場合、実際に代金を受け取るまでに取引先が倒産する可能性がないとはいえません。常に未回収のリスクと隣り合わせなので、リスクヘッジのためには事前に取引先の信用状況を調査しておく必要があります。
倒産などによって売掛金や貸付金などの債権が回収できない「貸し倒れ」や「焦げ付き」が発生するのを防ぎ、無理のない資金繰りを継続して自社の利益を守るために、欠かせない作業であるといえるでしょう。
信用調査の方法は、大きく下記の4つがあります。それぞれどのようなものか、チェックしましょう。

社内調査

取引履歴のある企業の場合、営業部や経理部が情報を保管している可能性があります。こうした社内情報を収集して、調査に活用します。

外部調査

商業登記簿や不動産登記簿といった官公庁で取得できる情報や、インターネットで収集できる情報などをもとに調査を行います。

直接調査

訪問、電話、FAX、メールといった手段で、取引先の企業を直接調査します。

依頼調査

信用調査会社など、第三者に調査を依頼します。

信用調査会社を利用するメリット

個人や法人が保有する技術力や、ノウハウの価値・評判、支払能力、抱えている課題の解決見込みなどを総合的に評価して金銭的な信用度を調査する信用調査会社。利用するメリットは、大きく下記の2つがあります。

調査にかかる時間と手間を省ける

信用調査会社を利用すると、調査にかかる時間と手間が省けることがメリットです。調査内容は取引先の財務状況をはじめ、社会性や業績など多岐にわたるため、自社で行う場合は膨大なコストや時間を割かなければなりません。信用調査会社に任せれば、自社の負担をなくして正確な調査を行うことができます。

第三者によって公正で客観的な調査ができる

信用調査会社を利用することで、公正で客観的な調査ができます。信用調査機関は公正な第三者です。取引を通じて得た印象やパブリックイメージに惑わされることなく、事実にもとづいて漏れなく調査することができるでしょう。

信用調査会社を選ぶ際のポイント

信用調査会社を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。下記の4つを軸に比較検討してみましょう。

費用

相見積もりを取り、調査内容に対して費用が適切か否かを判断しましょう。

納期

信用調査は、スピードも重要です。納期が取引のタイミングに合うかどうかを確認しましょう。

報告書の見やすさ

報告書が煩雑では、調査時間を削減しても結果の理解に時間がかかります。わかりやすい報告書かどうか、事前に体裁をチェックしましょう。

総合的もしくは専門的な信用調査会社か

信用調査会社には、業種を問わず広く調査する会社と、若干費用は高いものの業種や地域を絞って調査する会社があります。自社が求める情報レベルに合わせて選びましょう。

効率的でわかりやすい信用調査ならアラームボックス

企業が安全かつ積極的にビジネスを行う上で、取引先の信用調査は非常に重要です。「アラームボックス」では、5段階の危険度で会社の信用状況を評価し、与信判断に必要な情報が丸ごと手に入る「パワーサーチ」や、既存の取引先の与信に影響を及ぼすリスクを継続的に調査し通知する「モニタリング」などのサービスを提供しています。

誰でも使えるシンプルな仕組みで、パソコンやスマートフォンで簡単にチェックできるので、初めての信用調査でもすぐに活用できるでしょう。信用調査をお考えの際は、ぜひご検討ください。

気になる企業の評判をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験