企業情報とは?企業の調べ方、検索、データベース、情報の収集方法を解説

取引先や就職先を調べるうえで重要な要素である企業情報ですが、「そもそも企業情報ってなに?」「調べる目的は?」「調べ方がわからない」という方が大半であると思います。そんな方のためにここでは企業情報を調べるうえでのポイントを解説していきます。

企業情報とは

企業情報とは?

企業情報とは、企業のホームページやパンフレットで公開されている会社概要(企業名や代表者名、事業規模、事業内容、事業形態)や基本データ(経営状況、資本状況)、企業理念などありとあらゆる情報を含みます。

企業情報を調べる目的

企業情報を調べる目的をここでは3つあげます。

まず1つ目に、「自分の会社の取引先がどんな会社か」がわかります。

企業名や住所、代表者名、設立年月日などの基本情報を知ることができるだけでなく、ほかにも企業情報を公開している会社であれば、株主、業績、取引銀行などを知ることができるため、取引先の会社の事業実態や取引関係などの情報も入手できます。

より詳しく自分の会社の取引先について知りたい場合には、取引先ホームページの情報だけではなく、口コミサイトを利用するのも一つの方法です。例えば「企業名 評判」や「企業名 口コミ」などのキーワードを付け加えることで、実際に働いていた方や現在働いている方の口コミを見ることができます。

2つ目に、「就職先として大丈夫かどうか」を知ることができます。

最近特にニュースで取り上げられる労働時間や労働環境の問題ですが、そこから「ブラック企業」なんて言葉をよく耳にするようになりました。

これは就職活動中の学生や求職者に多いかもしれませんが、自分が将来働くかもしれない企業がそういった悪評ばかりの企業だったら嫌ですよね。そういったときにその企業は就職先として本当に大丈夫なのかどうかを判断する際の材料のひとつになるのが、企業情報です。また、自社のホームページに決算公告を出している企業もありますので、そこからその企業の経営状況の情報を得ることもできます。

今では就職活動にはネットが欠かせなくなりました。企業情報のうちの一つである企業名や代表者名を検索ツールで調べることで、意外な情報を知る可能性も少なくありません。

最後の3つ目に「金融機関や不動産会社が融資や賃貸の可否を判断する際の材料」として利用することができます。

企業による融資や不動産賃貸の申込には、多くの場合、決算書が必要になります。これにより定量的な情報は収集することができるため、あとは定性的な情報を収集して、融資や賃貸などの可否を判断することになります。

1つ目の「取引先がどんな会社がわかる」で企業の評判を収集できると述べましたが、経営状況が危なくなっている場合には、企業名や代表者名を検索すると口コミサイトの投稿件数が急激に増えていたり、SNSで情報が流れてくるときもあります。そのためこれから取引を開始しても大丈夫なのかどうかを判断する際にはぜひ活用すべき情報といえるでしょう。

企業情報の項目

これまで企業情報とざっくりとした言い方をしてきましたが、企業情報と言われるものについて代表的なものを見ていきます。主に

  • 企業名
  • 代表者名
  • 法人番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 業種
  • 従業員数
  • 拠点
  • 本金
  • 売上高
  • 取引銀行

など幅広いものが挙げられます。

企業情報の収集と調べ方

企業情報データベースや企業情報検索サイトで収集する場合

上記では企業情報とは、企業情報を知ることのメリットについて詳しく見てきましたが、

ここからは「企業情報の収集方法と調べ方」についてみていきます。今では、簡単に企業情報を入手することができます。

例として就職活動する学生にも有名な「四季報」が挙げられます。

四季報と一口に言っても様々な種類がありますが、ここでは「会社四季報」「会社四季報・未上場版」について解説していきます。

「会社四季報」「会社四季報・未上場版」には、大まかな会社のプロフィールとその会社の特色や企業業績(東洋経済新報社の予想とその会社が出している業績)、株主の保有率、財務指標、連結事業つまり子会社の事業がどのくらい儲かっているのかなどが詳しく記載されています。

本来は有料ですが、一部の証券会社(楽天証券やSBI証券)では口座を開設するだけで無料(口座開設費用や維持費用も無料)で「会社四季報」を読むことができます。会社についてより深く知るために、四季報はとても便利な情報源だといえます。

他の企業情報データベースではiタウンページがあります。「iタウンページ」では「住所や業種、場所+目的」などから絞り込んで検索することができます。企業名だけでなく、事業内容が詳しく載っているため、「調べたい会社の詳しい事業内容が知りたいがホームページがない」といった場合には便利なデータベースです。

特定の企業を調べる場合

取引先など特定の会社を調べる場合、一番簡単な方法は企業名を検索することです。

企業名を検索すると、大抵の企業は該当企業のホームページが出てきます。該当企業のホームページから会社概要(住所、代表者名、従業員数、電話番号など)が出てくるので、企業名だけでなくホームページで得られた電話番号や代表者名を追加で検索してみても良いでしょう。電話番号や住所は調べてみると、意外な情報や口コミが出てくることもあるので、手間は増えますが一度は検索するべき項目です。

また、法務省が情報を開示している「登記簿謄本」や公的機関や自社ホームページから見られる「有価証券報告書」を活用してみるのも良いでしょう。

有価証券報告書について

有価証券報告書は、EDINETを利用して企業名を検索すれば見ることができます。企業の事業内容や企業の概況、従業員や株主の状況、経営者による財政状態、事業内容のリスク等も閲覧することができます。ただし、有価証券報告書を作成している企業は、上場企業なので大手企業に限られます。

登記簿謄本について

「登記簿謄本」は法務局に直接出向いて閲覧請求するか、WEB上でも請求できるため忙しくて取得する時間がないときにはWEB上で請求するのがおすすめです。登記簿謄本には、法人登記であれば基本情報はもちろんのこと、資本金や取締役、法人の目的などが記載されています。

これらの公に開示されている企業情報は信用性が高いため、非常に有効です。

新聞記事・口コミサイトについて

また、今では新聞記事がネットで見ることのできる時代になりました。新聞社のメディアサイト内で社名や代表者名を検索すると、その会社についての記事が出てきますのでこれもぜひ活用してみるといいでしょう。

最後に「企業名 口コミ」「企業名 評判」といったかたちで、「口コミ」や「評判」のキーワードを付け加える方法です。この方法で調べることで、労働環境が知りたい場合、「カイシャの評判」などの口コミサイトから情報を得られることができます。これらのキーワードを付け加えるだけで、無料で手軽に調べることができるため、すぐに情報が得ることができます。

企業情報を調べるときに注意!

自分の目で見てみる

今では検索するにもネットが主流の時代になりました。ネットで検索することは確かに便利で手軽にできますが、ネット上にはたくさんの情報があふれています。その中でどれが本当に正しくて正しくないのか、見極めるのは非常に難しいです。

そこで重要なのが「実際に自分の目で見て判断すること」です。

例えば、一般向けのサービスを行っている企業であれば自分が直接店舗に出向いたり、顧客になって利用することで得られる情報もあります。そのため決してネット上の情報ばかりを鵜呑みにせず、直接自分の目で見て判断することが大切です。

周囲の評判を聞く

では、実際に自分の目で見て判断することが難しい場合はどうすればよいか。

その場合には、「周囲の評判を聞いてみる」のもよいでしょう。

例えば自社が取引をしている会社に、新しく取引をしようとしている会社の担当者がいれば、それとなく話を聞いてみるのも方法です。たしかに中小企業で自社ホームページもない企業であれば、自分ひとりで調べるのは難しいです。

しかし、周囲の人から情報を得ることもできますし、実際に関わりがある方であればより詳しく知ることもできます。「ネット上にはとても良いことが書かれているが実際はこうだった」なんてこともあるかもしれません。そのため周囲の評判を聞くことも重要です。

アラームボックスからお知らせ

アラームボックス与信調査

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。少しだけお知らせです。

自社に最適な「企業調査サービス」を知りたい方へ

当社では、オンラインデータを活用した企業調査サービス「アラームボックス」や、売掛金の保証サービス「セキュアボックス」の運営を通じて、与信調査や審査、与信管理手法の向上に努めています。

ご興味あれば、お気軽に資料請求またはお問い合わせください。法人限定のサービスになります。

気になる会社をモニタリング

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査まで、管理部門でも営業担当者でも知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験

ブログのメールマガジン登録

倒産速報や企業の出来事や与信管理のコラムを毎週まとめてお届けします。

タグ一覧