除菌スプレー3社が景品表示法違反 次亜塩素酸水濃度の偽表示で

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

2021年3月11日、消費者庁が実際の濃度より高い表示で次亜塩素酸水を販売したなどとして、景品表示法違反で3社に再発防止策等を求める措置命令を出したことが明らかになりました。

今回、景品表示法違反を受けたのは「株式会社OTOGINO」「株式会社マトフアー・ジヤパン」「株式会社遊笑」の3社です。

3社が生産販売を行っていた「OX MIST」「微弱酸性次亜塩素酸水 アクアトロン🄬 MATFER JAPAN」「コロバスター」の製品は、実際に表示されていた次亜塩素酸水濃度を大幅に下回る濃度で、根拠なく99%除菌を謳っていたため今回の措置となりました。

次亜塩素酸水の販売事業者3社に対する景品表示法に基づく措置命令について 消費者庁

インターネット上の評判

今回の件について、ネット上では様々な投稿があります。

気になる企業の評判をチェック

取引先や仕入先のモニタリングから、潜在顧客や新規案件の調査や与信管理などに。部署・知識に関わらず誰でも利用できます。まずは無料で体験