コロプラがアプリゲームのセールスランキングを不正操作 取引先に課金依頼

画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

「株式会社コロプラ」の特別委員会による調査報告書によると、同社で制作運営しているソーシャルゲームにおいて、セールスランキングの不正に操作するために自社の費用850万を用いて取引先に購入を依頼していたことを明らかにしました。

株式会社コロプラ 概要

会社名 株式会社コロプラ
代表者 馬場 功淳
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11階
法人番号  7011001059638
業種 情報通信業 > 情報サービス業 > ソフトウェア業 > ゲームソフトウェア業
資本金 6,510百万円

株式会社コロプラについて

株式会社コロプラは2003年設立。創業者が個人的な副業で始めたゲームをもとに法人化されました。2012年にはマザーズに上場、2014年には東証一部に市場変更し、スマートフォン向けゲームタイトルを次々と発表していました。

今回、疑惑の対象となったのはiOS/Android向けスマートフォンゲームの「最果てのバベル」。匿名の情報提供によって疑惑が判明し、特別委員会(同社社外取締役、弁護士、公認会計士他)による調査を行い、後日報告書が発表されました。

報告書によると、同社の「白猫プロジェクト」等をピークに売上高が逓減していく中、役職者含む2名が主導して取引先にセールスランキングの不正操作依頼を持ち掛けました。自社の資金850万円を利用し取引先がゲーム内のアイテムを購入。不正が発覚しないよう私用のスマートフォンを利用するなどしていました。

株式会社コロプラの評判

株式会社コロプラについて、ネット上では様々な投稿があります。

今回の不正に関して、景品表示法の違反(優良誤認)やプラットフォーマーであるAppleのガイドラインに抵触する可能性を懸念する声がありました。

取引先(報告書ではD社)は社名が公表されることはなく、このD社について憶測する投稿もありました。

また、広告費が売上になってしまっている点について循環取引になるのではと懸念する投稿がありました。

今回の一件は取引先の管理やコンプライアンスの徹底、社内承認の在り方、ゲーム業界のセールスランキングの在り方など様々な課題を考えさせられる内容でした。

企業情報ならアラームボックス

取引先などの企業調査ならアラームボックスにおまかせください。業種・経験に関わらず誰でも利用できます。
まずは無料で体験